弁理士試験の合格までの平均勉強時間

弁理士試験の合格までの平均勉強時間

どの資格試験も合格することで、就職や転職、独立開業など、自身が描いていたキャリアプランを早く実行することができます。そこで、弁理士試験合格を目指すため必要な勉強時間はどれぐらいなのか。気になる方もいるのではないでしょうか。

 

一発合格を果たす人は少なく、平均にしても4回の受験でようやく試験突破できたというほどに、簡単に合格できる資格でないことは周知のとおり。ここでは合格者の口コミ、ブログなどを参考に、勉強時間を含め弁理士短期合格の秘訣もまとめていますので、参考としてご覧下さいね!

 

 

弁理士合格に必要な勉強時間

 

3000時間~5000時間

 

様々なサイト等では初学者、初めて法律を学習する人は、3000時間の学習時間が必要と記されており、効率的な勉強法による効果学習ができれば、短縮することも可能としています。また逆に非効率的な勉強法であればそれ以上の時間を要する人もいます。

 

そして受験生の年齢、職業など生活スタイルにより、それぞれ弁理士合格できる学習時間は異なり、能力もまた相違いがあるのも必然としています。

 

仕事との両立がポイント

 

合格している人の多くは会社員、公務員、特許事務所、法律事務所など、働きながら勉強して試験突破している資格となっており、いかに時間を有効に活用して学習を進められるかが重要です。主に、休日は集中して勉強するという方は多く、仕事がある平日は最低でも2時間は確保したという合格者の口コミも見られます。

 

また、自宅だけでなく通勤中の電車のなかや、車のなかなどスマホや音声ダウンロードなど利用していた方も多くいるようです。大半の方が仕事を抱えながら弁理士合格を果たしていますので、忙しいからといった言い訳は通用しませんので、自身でどれだけ勉強できる時間をつくれるかも大事となってきます。

 

受験専門予備校VS通信講座で学ぶ

 

1年、1,5年、2年コースを用意

 

弁理士講座を開講している学校、通信講座は、自身の学習レベルや開始時期などに応じて選べるプランを用意しているところが多くあります。そして、平均3000時間が必要とされる弁理士試験も、それぞれの受験ノウハウにより、短期間で合格力を身につけることが期待できます。

 

また各々では効率的な学習法を確立していますので、最短合格を狙うのであれば、専門の講師のもと学習を進めることが得策と考えられます。初学者でも1年で合格している人もおり、一発合格も夢ではありません。弁理士試験対策の際に予備校や通信講座などフル活用することが、勉強時間を大幅に圧縮し、実りある学習ができるといっても過言ではありません。

 

通学講座

 

  • 日程表に従って通学するスタイル
  • 校舎内のブースで自分のスケジュールに合わせて学ぶスタイル

 

決められたスケジュール通りに講義を受講!予備校によっては生講義実施校もあり、講師から最新情報や合格の秘訣を直接吸収することができるのが魅力。そして同じ目標を持った受講生同士で切磋琢磨でき、情報交感などモチベーションUPすることができます。学習のペースがつかめ、計画的に学習することができます。

 

またビデオルームで自分の都合に合わせて受講できる学習形態を用意している学校もあり、TACなら全国展開している資格予備校で、決まった時間に通学できない忙しい受験生も仕事の帰りに勉強することができます。

 

通信講座

 

  • オンライン学習を標準スペックとしている通信学校
  • 通学と通信講座が選べる資格予備校
  • WebまたはDVDのどちらか選択

 

近くに学校がない受験生や通学が難しいという方も、効率的、かつスキマ時間を有効に活用して時短学習ができるのが通信講座のメリットです。通勤や昼休みの合間など、忙しい社会人にとって、学習にあてる貴重な時間帯も勉強することができ、利便性の高い機能が充実しています。