弁理士の難易度・偏差値を他資格と比較

弁理士の難易度・偏差値を他資格と比較

特許法等を代表とする「知的財産法」を取り扱う法律家の弁理士は、産業財産権(特許法、実用新案法、意匠法、商標法)の取得や紛争解決なども仕事内容としています。そして高度な技術的、法律的、実務的知識を必要とし、知財関連の最高峰の国家資格者として位置づけられています。

 

そこで弁理士試験に挑む受験生にとって、難易度や偏差値が気になる方もいることでしょう。ここでは同じ法律、行政系の資格との比較もまとめていますので、参考としてご覧下さいね!

 

 

※こちらで掲載している偏差値等は、弁理士資格難易度、偏差値ランキング、比較サイトなど参考に、独自でリサーチした数字となっています。

 

弁理士試験の概要

 

短答式筆記試験 【1次試験】

 

試験実施日:5月中旬~下旬(平成30年度は5月20日(日)実施)
試験科目:工業所有権(特許、実用新案、意匠、商標)に関する法令、工業所有権に関する条約、著作権法、不正競争防止法の7科目
出題形式:5肢択一:マークシート方式
合格発表:6月上旬頃
短答式筆記試験免除対象者あり

 

論文式筆記試験 【2次試験】

 

必須科目

試験実施日:6月下旬~7月上旬
科目:工業所有権(特許・実用新案、意匠、商標)に関する法令の3科目
出題形式:論文式 ※試験の際、弁理士試験用法文の貸与あり

 

選択科目

 

試験実施日:7月下旬~8月上旬
6科目の中から1科目を選択:理工I(機械・応用力学)、理工II(数学・物理)、理工III(化学)、理工IV(生物)、理工V(情報)、法律(弁理士の業務に関する法律)
出題形式:論文式 ※試験の際、法律科目受験者には弁理士試験選択科目用法文貸与あり
出題形式:面接方式
合格発表:11月上旬

 

合格発表:9月下旬頃
必須科目免除対象者、選択科目試験免除公的資格あり

 

口述試験 【3次試験】

 

試験実施日:10月中旬~下旬
試験科目:工業所有権(特許・実用新案、意匠、商標)に関する法令
合格発表:11月上旬
口述試験免除対象者:特許庁において審判または審査の事務に5年以上従事した方

 

弁理士試験偏差値74の難易度

 

平成29年度弁理士試験の結果概要

 

  • 志願者数 4,352人
  • 受験者数 3,912人
  • 受験率(受験者数/志願者数) 89.9 %
  • 合格者数 255人
  • 合格率(最終合格者数/受験者数) 6.5%
  • 合格者平均受験回数 4.2回

 

H20年前後は受験者数1万人を超える年もありましたが、昨今は年々減少傾向となっています。そしてH29年の弁理士試験合格率は、6.5%と難易度の高い法律資格ということがわかります。

 

どんな人が合格しているのか?

 

特許庁公式サイトの弁理士合格者の内訳をみると、男性が約70%を占め、職業で見ると会社員が52%、特許事務所31,8%、他、無職、公務員、学生、法律事務所などとなっています。そのため、働きながら受験勉強をしている人が大半となり、仕事と両立しながら学習する必要があります。

 

そして平均的に4回の受験で合格している方が多く、弁理士試験一発合格がどれほど難しい資格だということが分かります。そのため、いかに効率的に効果学習ができるかが、最短合格の重要ポイントとなります。

 

合格者の約8割が理系出身者
特許事務所で実務経験しながら勉強して合格している方が3割、残り7割合格者の大半が理系出身で、法律の勉強が始めてという方が多いようです。

 

法律、行政系資格VS弁理士の偏差値比較

 

偏差値 70以上

 

司法試験 75
司法書士 72

 

偏差値60~65

 

社労士 65
行政書士 65
法学検定アドバンストコース 65
海事代理士 65
ビジネス実務法務検定1級 64

 

偏差値55~59

 

通関士 58
ビジネスコンプライアンス検定上級 55
キャリア・コンサルティング技能士2級 55

 

偏差値 50以下

 

ビジネス実務法務検定3級 45
ビジネスコンプライアンス検定初級 45

 

法律、行政系資格のなかでは、弁護士、検察官、裁判官の登竜門である司法試験に続いて、弁理士は偏差値が高い資格となっています。そして社会人、学生から人気の高い行政書士、社労士と比較しても弁理士は偏差値は高く、難易度の高い試験であることがわかります。


弁理士の難易度・偏差値を他資格と比較記事一覧

ここでは弁理士になるための最初の関門『短答式試験』、最後の関門である『口述試験』についての合格率推移をまとめていますので受験生の方は必見となっていますよ!特に短答式試験においては、10%をきるなど合格するには難しい資格となっており、今後の試験対策の指針として参考にしてみてはいかがでしょうか。短答式筆記試験の合格率推移検証過去15年をさかのぼることH17年は、最高31,2%合格率マークH25年には9...

どの資格試験も合格することで、就職や転職、独立開業など、自身が描いていたキャリアプランを早く実行することができます。そこで、弁理士試験合格を目指すため必要な勉強時間はどれぐらいなのか。気になる方もいるのではないでしょうか。一発合格を果たす人は少なく、平均にしても4回の受験でようやく試験突破できたというほどに、簡単に合格できる資格でないことは周知のとおり。ここでは合格者の口コミ、ブログなどを参考に、...

試験勉強で独学または予備校で、悩んでいる弁理士受験生は必見となっていますよ!ここではそれぞれのメリット、デメリットを含め、徹底検証!比較として参考にしてみてはいかがでしょうか。特に現在、独学で思うように学習が進まないという方は、勉強方法の見直しが必要かもしれません。そして効率的に合格を目指すのであれば、予備校での試験対策も検討してみてはいかがでしょうか。弁理士は独学でも合格可能?メリット、デメリッ...

知的財産のプロフェッショナルとして活躍するためには、まずは試験合格して資格取得する必要があります。ここでは弁理士の受験資格、年齢制限、免除制度、試験内容について簡潔にまとめていますので、今後の受験対策の参考としてご覧下さいね!弁理士受験資格について短答式試験⇒論文式試験(必須科目、選択科目)⇒口述試験⇒弁理士資格試験合格弁理士試験は国籍・学歴、経歴など一切関係なく、年齢制限もなく、誰でもチャレンジ...

将来の職業を決める際に、年収は大事なポイントになるはずです。そこで弁理士の平均年収や給料、賞与など気になる学生または、転職を考えている社会人の方もいるのではないでしょうか。弁理士は、年齢・経験スキル・能力などさまざまな要因により、年収が左右される職業となります。ここではそれらを含め、弁理士は高収入に値する資格であるのか検証!今後の就転職の参考としてご覧下さいね!弁理士の平均年収はいくら?平均700...

弁理士受験する人のなかには、独立、起業を前提に合格を目指す方は多いのではないでしょうか。成功すれば一般企業、特許事務所等で勤務するよりも高収入が期待でき、弁理士で年収1,000万円はもちろん2,000万円、3,000万円も可能としています。しかし試験合格した方の全てが独立しているわけではなく、一部としているのが現状です。ここでは弁理士独立開業、起業におけるメリット、デメリットをまとめていますので、...

ここでは弁理士が活躍できるフィールドの仕事内容や魅力を紹介!また弁理士に起こり得る大変なことも合わせて、検証、まとめていますので、学生、社会人は必見となっていますよ!将来の職業としてまた就職、転職の参考としてご覧下さいね!弁理士の仕事内容に関する全て知的財産の権利化を行う専門家技術開発や製品開発の独占「特許権」物の外観に関するデザインは「意匠権」会社のロゴマークのような文字や図形、記号などは「商標...