弁理士の勉強方法~独学VS予備校を徹底比較

弁理士の勉強方法~独学VS予備校を徹底比較

試験勉強で独学または予備校で、悩んでいる弁理士受験生は必見となっていますよ!ここではそれぞれのメリット、デメリットを含め、徹底検証!比較として参考にしてみてはいかがでしょうか。特に現在、独学で思うように学習が進まないという方は、勉強方法の見直しが必要かもしれません。そして効率的に合格を目指すのであれば、予備校での試験対策も検討してみてはいかがでしょうか。

 

 

弁理士は独学でも合格可能?

 

メリット、デメリット

 

  • 費用は参考書、問題集、テキストのみで安く抑えることができる
  • 自分のペースで勉強できる
  • 疑問点などわからない部分で立ち止まってしまう
  • モチベーション維持が難しい
  • スケジュール管理が苦手な方は非効率的

 

独学で弁理士合格している方はもちろんいますので、決して不可能なことではありません。しかし、独学で勉強していたもの限界を感じ、最終的には専門予備校や通信講座に入会したという方は少なくないようです。そうなると、独学で培った知識は決して無駄ではありませんが、これまでに費やした時間、テキスト代など浪費になったと考えざるを得ない状況といえます。

 

短期合格、一発合格を目指すのであれば、効率的かつ効果学習ができる受験予備校(通信学校)を利用することが有効と考えられます。

 

弁理士予備校のメリットを検証

 

合格するための受験ノウハウがある

 

効率的に合格力を身につけるためには、重要範囲を見極めた学習が重要となります。弁理士試験は試験範囲が膨大ですので、全てにおいて時間をかける必要はなく、あまり問われない部分に関しては少なく、合格に必要なポイントを重点的に学習することが大事。

 

弁理士に特化している学校は、試験に精通している講師が在籍!重要事項や合格に必要なポイントを誰よりも分析し、そして最適な勉強方法を受講生に惜しみなく伝授してくれます。また、初学者にとってつまづきやすい法律用語も具体例を用いて説明してくれますので、文字だけでなくイメージで理解することができます。

 

分からなかったら質問ができる

 

独学では分からないことがあれば、自分で処理しなければなりませんが、予備校ならその場で解決することもできます。またオンライン学習においても質問制度を利用して、問題解消することができ、その後の学習もスムーズに進めることができます。

 

合格まで導くサポートが心強い

 

膨大な試験範囲や孤立感で不安になる人は多く、独学では乗り切れなかった壁も、充実したサポート、フォロー制度で、安心して学習することができるのも予備校の魅力です。

 

費用対効果

 

予備校で弁理士試験対策すると、受講料はかなり高額な費用が必要となります。しかし受験勉強に何年もの時間を費やして合格する独学と比べても、コストパフォーマンスに優れているのは、短い期間で合格が狙える予備校となります。

 

おススメの弁理士受験学校はココ!

 

通学タイプ

 

  1. Wセミナー(資格の学校TAC)
  2. LEC東京リーガルマインド
  3. 辰巳法律研究所
  4. 代々木塾

 

それぞれの学校の特徴は当サイトのページで紹介していますので、参考にしてみて下さいね!いずれも通学講座と通信講座を用意していますので、ニーズに合わせて学習スタイルを選ぶことができます。

 

通信タイプ

 

  1. 資格スクエア
  2. 通勤講座
  3. アガルートアカデミー

 

主にWeb講義を主体としたオンライン学習が特徴の通信学校で、通学する必要はなく、自分のペースで学習することができます。仕事しながら勉強する受験生にとって、最適な学習スタイルとなっています。

 

弁理士の予備校(通信学校)選びの際は、費用はもちろんですが、講師力や教材、カリキュラム、そして合格実績なども比較して選ぶ必要があります。そこで、やみくもに安いから、近いからで決めるのではなく、自分にあった学校を選ぶことが大切で、まずは、体験入学や相談会など積極的に参加することをおススメします。